靴の選び方|成長の早い子供のためにも子供シューズを買ってあげよう

情報はネットで

どうやって、子供シューズを選ぶときのポイントを調べることができるの?と困っている人はインターネットで情報を集めてみましょう。お店に行ってスタッフに相談することもできますが、忙しい時間帯などはゆっくりと質問することができません。そのため、予めある程度の情報を調べて行った方が選びやすくなるのです。

靴の選び方

シューズ

足の形は子供によって違う

兄弟がいる場合、下の子には上の子のお下がりを使っているというケースは少なくありません。しかし、兄弟でも子供によって足の大きさや形が変わることがあるため、靴のお下がりとして使うときは靴の状態以外にも子供の足の形やサイズに合っているか調べてみましょう。大切な成長期の時期に、足のサイズに合わない靴を履き続けてしまうと痛みを感じてしまうため歩くことに抵抗を感じるようになります。

成長に合わせる

多くの母親が、子供の成長は早いという理由でサイズが大きめの洋服を買って使っています。洋服の場合、多少大きめのサイズでも問題は無いと言われていますが、子供シューズの場合は足の成長に影響を与えてしまうため靴を買うときの足の大きさに合わせて買うことが大切と言われています。幼少期の子供は急激に成長するため、3~4ヶ月程を目処に足のサイズを測った方がいいと言われています。サイズを測り直すときは・足の長さ・足の幅・足の周囲もしっかりと測っておきましょう。素人が目測で測ると、適切なサイズを測ることができない場合もあるため正しい大きさを知りたいという人は子供シューズを販売しているお店のスタッフに相談してみてください。

選ぶときのポイント

子供シューズを選ぶときは、つま先部分に余裕があり、指を動かすことができる靴を選びましょう。幼児期と呼ばれる時期に足の指を動かすことで、指の腱や筋肉などを鍛えることができます。こういった部分を鍛えることで、転びにくく、疲れにくい足に鍛えることができると言われています。その他にも、かかとの周りがしっかりと丈夫に作られている物や、靴底に柔軟性があるもの、足の甲が靴にフィットするタイプの子供シューズを選んでみましょう。かかと周りが丈夫な靴は、かかとの骨が成長するのに役立ちます。また、靴底が硬かったり足の甲が靴にフィットしていないと上手く歩くことができなくなってしまう可能性もあります。

成長によって種類を変える

最近は、様々な種類の子供シューズがあるため見た目に惹かれて買ってしまったが子供の足に適しているのか・・・?と悩む親が増えています。そういったときは、自分の子供がどの種類の靴を履くべきなのか調べてみましょう。子供シューズといっても、歩き始めたばかりの子供に適した靴と走ったり、跳んだりする時期の子供の靴とでは造りが異なります。そのため、自分の子供がどのぐらいの時期に来ているのかインターネットなどを使って調べてみましょう。

広告募集中